仮面高血圧とは、病院診察室での血圧測定では正常値を示すのに、家庭での血圧測定では高い数値が現れるタイプの高血圧のこと。
病院診察室での測定や特定健診などでは高血圧の数値が現れないことがあります。
つまり通常は高血圧なのに、病院では「正常」という仮面を被っているということです。
診察室測定で「正常」の結果が出た人のうち、10~15%は仮面高血圧だといわれています。

仮面高血圧は、他の病気で来院された患者様に医師が高血圧も疑って、家庭での血圧測定を勧めることでよく判明します。
理由は、診察室測定では現れない仮面高血圧を見つけるには、継続して記録された家庭血圧のデータが大きな役割を果たすからです。

そのため最近の高血圧学会のガイドラインでは、診察室血圧に加えて家庭血圧にもとづくデータを重要視する方向になってきています。

(関連リンク)
高血圧 ~家庭で血圧を測るメリットは?~
日本人の高血圧の約 90%を占める本態性高血圧とは?

仮面高血圧の危険性

血圧を測定する高齢者女性のイラスト サイレントキラーとも言われる高血圧。
その理由は、自覚症状がほとんどないため治療せずにいると、血管内壁に高い圧力がかかり続けて気づかないうちに動脈硬化が進行するからです。

仮面高血圧の方は、サイレントキラーとも言われる高血圧を見逃しているのです。見逃していることで治療が行き届かない状態が何年も続き、動脈硬化や臓器障害が進行して重篤な病気になりやすいことが最近わかってきました。

仮面高血圧は持続的な高血圧と同程度のリスクがあり、正常値の人よりも約3倍、脳卒中や心筋梗塞などの心血管イベントのリスクが高いという結果が出ているのです。

仮面高血圧のタイプとは?

仮面血圧は血圧が上昇している時間帯によって、「早朝高血圧」「夜間高血圧」「昼間高血圧」に分類されます。

早朝高血圧

通常、血圧は睡眠中に最も低くなり、早朝から少しずつ上昇します。しかし、早朝高血圧の方は、早朝から危険なレベルにまで血圧が上昇します。
そのため、朝方から午前中にかけて多く発生する脳卒中や心筋梗塞などの心血管イベントは、早朝高血圧と関係があると考えられています。

診察室血圧が140/90mmHg未満の場合で、早朝に測定した家庭血圧の平均値が135/85mmHg以上を早朝高血圧と呼びます。
「モーニングサージタイプ」と「夜間高血圧から移行するタイプ」の2つのタイプがあります。

モーニングサージタイプ

睡眠中には血圧が低くなるものの、早朝に急激に血圧が上昇するタイプ。
交感神経が敏感な方は起床時に一気に血圧上昇することがあり、心血管イベント(脳梗塞、脳出血、心筋梗塞)を起こしやすい。
とくに糖尿病の方、習慣的に就寝前に深酒する方、ストレスフルな方に多い。
また、高血圧の治療中で降圧剤の効果が24時間維持できないケースでも、モーニングサージが見られる。

夜間高血圧から移行するタイプ

睡眠中に血圧があまり下がらないまま起床後まで持続して高いタイプ。
血圧が下がらないため睡眠中にも心臓や血管に負担が掛かり続けるため、心血管イベントのリスクが高い。
糖尿病、臓器障害、睡眠時無呼吸症候群の方などに多く見られる。

夜間高血圧

夜間高血圧とは、通常夜間には下がる血圧が、夜になっても血圧が高いままの状態のこと。
夜間の血圧は計測しにくく高血圧を見逃しやすいため治療機会を失うことがあります。そのため睡眠中に心臓や血管に負担が掛かり続けると、心血管イベントのリスクが高まります。

夜間高血圧は、家庭血圧計またはABPM(24時間血圧計での測定)で測定した夜間血圧の平均が120/70mmHg以上の場合です。
家庭血圧計で就寝前の血圧と起床時の血圧で推測する方法が一般的です。

糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、腎臓障害の方に多く見られます。うつ病、喫煙、過度の飲酒、認知症の方にも見られることがあります。

昼間高血圧

昼間高血圧とは、診察室血圧や家庭血圧が正常値内でも、昼間の職場や家庭で血圧平均値が135/85mmHg以上になる仮面高血圧。

昼間高血圧で多いのは、職場で精神的・身体的にストレスにさらされた状態でより血圧が上昇する「職場高血圧」です。
肥満の方や高血圧の家族がいる方は、職場高血圧になりやすい傾向があります。また、家庭内でも人間関係などのストレスが原因となって、昼間高血圧が現れることがあります。

診察室血圧や家庭血圧では見逃されることが多い職場高血圧を検出するためには、職場での定期的な血圧測定が必要になります。

ストレスが原因となることが多い昼間高血圧は、ストレス軽減のため労働衛生環境の改善、人間関係や生活環境の改善が重要です。

仮面高血圧の対処法は継続的な家庭血圧の測定

ボードを手にした医者のイラスト 自分が仮面高血圧なのかを知る有効な方法は、家庭血圧を継続測定して記録したデータを医師に提供することです。
そのデータから、医師はあなたの仮面高血圧のタイプと原因を特定します。

原因は、肥満、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞の既往、ストレスフル状態、喫煙、過度の飲酒、メタボリックシンドロームなどさまざま考えられます。
また、治療中で服用している降圧剤の効果が24時間持続できていない可能性もあります。

医師は食事指導や生活指導にて仮面高血圧の改善を図り、必要であれば患者様に適した薬物療法を行い、注意深く治療経過を観察します。