リウマチ科

寛解(リウマチ症状・兆候が焼失した状態)を目指して

城内病院リウマチ科は、関節リウマチを中心とした診断・治療を行います。
かつては、よい治療薬がなく、次第に指が曲がり、関節が動かなくなる病気というイメージがあった関節リウマチです。しかし、現在は、生物学的製剤と呼ばれる新しい治療薬が開発され、関節を壊さない治療、日常生活を普通に営むことのできる治療が可能となってきました。

診察、レントゲン、血液検査、超音波診断を使い早期診断、最新の生物学的製剤を利用した治療で、「寛解(リウマチ症状・兆候が焼失した状態)」を目指し、さらに「寛解」を維持させる時代になってきています。

関節リウマチは早期診断、早期治療を行うことが大切

城内病院では、リウマチの薬物療法・手術治療を始めとしてリウマチの全般的な治療を行っております。関節リウマチは早期診断、早期治療を行うことが大切です。

「手がこわばって、動かない」「関節が腫れて痛くてだるい」などの症状や、「これはリウマチなの?」と不安がある方は、お気軽にご相談ください。

リウマチ科担当医

保利俊雄(ほりとしお)

学歴

  • 近畿大学医学部卒業

職歴

  • 国家公務員共済組合連合会 浜の町病院 整形外科
  • 杉岡記念病院 整形外科
  • 福岡市民病院 整形外科
  • 医療法人 原三信病院 整形外科
  • 独立行政法人国立病院機構 別府医療センター 整形外科
  • 国家公務員共済組合連合会 千早病院 整形外科
  • 医療法人 賛健会 保利クリニック

資格

所属学会