漢方外来

城内病院は総合内科専門医も兼ねた経験豊かな漢方専門医が、患者様それぞれにあった漢方治療を行います

「西洋薬でなかなかすっきりしない」、「病院受診して異常がないといわれたが、身体の不調がなかなかとれない」、「西洋薬の副作用が心配だ」など、お困りの方はいらっしゃいませんでしょうか?

漢方薬は、心と体の不調の原因を、患者様の体質や症状から全体像をとらえ、新陳代謝、自然治療力を高めることにより、偏った病態を正常の状態に戻すアプローチを行う医学です。城内病院は、細かい診察をもとに、保険医療に適合するエキス剤中心に、患者様個人それぞれにあった漢方処方を行っていますので、ご気軽にご相談ください。

特に漢方薬は、原因不明の体の不調や冷え性、更年期症状、体力の低下などに効果をしめします。
城内病院の漢方治療は、日本内科学会から認定された総合内科専門医を兼ねた日本東洋医学会より認定された経験豊かな漢方専門医が、みなさまの症状の緩和に対応いたします。

漢方専門医とは

漢方専門医とは、十分な漢方使用症例経験の後に試験に合格して日本東洋医学会により認定された漢方治療のスペシャリストです。特に西洋医学を十分に習得したうえで東洋医学的な診察と考察および検査を加えながら、患者様にあった漢方薬を処方と養生法の指導をいたします。

城内病院の漢方専門医は、総合内科のスペシャリストである日本内科学会総合内科専門医を兼ねていますので、漢方医学にかたよった考えや治療にこだわることなく、西洋医学検査も加えて、総合的に統合的に患者様の病態を的確にとらえますので、患者様のオーダーメイド加療も可能です。

漢方専門医は、下記のものを重視いたします。それらを経て、患者様の現在の状態を総合的に判断して、患者様の体質や病態に合う漢方薬が判断されます。

  • 望診
    患者様の容貌・体質を中心にみる
  • 問診
    患者様の症状・生活スタイル・暑がり寒がり・冷えやのぼせの有無・疲れやすさや汗のかきやすさ・食欲や便の正常など
  • 聞診
    細かい声音の力や話し方などを聞く
  • 舌診
    舌の色や苔の色の有無、舌の静脈の拡張具合などをみる
  • 脈診
    両腕の脈の強さや数をみて病態や体質を評価する
  • 腹診
    お腹の柔らかさや圧痛や筋肉のつっぱり状態を評価する

漢方に適した病気や症状

以下の病気や症状に対して、漢方単独処方や西洋薬との併用にて相乗効果や補完効果が期待できます。

  • 頭痛/不眠症/神経症/自律神経失調症/めまい/易疲労感/食欲不振
  • 白内障/眼精疲労/アレルギー性鼻炎/副鼻腔炎/蓄膿症/口内炎/中耳炎
  • 風邪/気管支喘息/急性・慢性気管支炎/インフルエンザ
  • 心臓病以外の動悸・息切れ/高血圧による頭重感/脳動脈硬化による頭重感/片頭痛
  • 慢性胃炎/便秘/下痢/過敏性大腸炎/慢性肝炎/黄疸によるかゆみ不振/腹部膨満感
  • 老化による頻尿、残尿感・/前立腺肥大症/神経因性頻尿/尿漏れ/夜尿症/慢性膀胱炎
  • アトピー性皮膚炎/にきび/いぼ/肌荒れ/しみ/じんましん/老人性皮膚そう痒症/湿疹
  • 腰痛/神経痛/関節リウマチ/肩関節周囲炎/変形性膝関節症/五十肩/帯状疱疹後神経痛
  • 不妊症/冷え性/むくみ/更年期障害にもとづく諸症状/肩こり/足のつり/不安神経症/のぼせ
  • 月経痛/月経前困難症/虚弱体質など

関連リンク

漢方外来診療担当医表

外来日  月   火   水   木   金   土 
8:30

12:00
松永 松永 松永 休診 松永 松永
15:00

17:30
松永 松永 松永 休診 休診 休診

漢方外来担当医

病院長 松永萬成(まつながもろなり)

松永萬成のプロフィール写真

略歴

昭和61年
福岡大学医学部
昭和61年
佐賀大学内科入局(循環器科)
平成 5年
佐賀医科大学大学院修了
平成 5年
国立療養所武雄病院内科医長
平成14年
城内病院 内科

専門

  • 一般内科
  • 循環器内科
  • 東洋医学など

資格