理事長ご挨拶

保利喜英のプロフィール写真 当院の沿革は、延享年間に保利春益が創業し、以後、約270年間に渡って医業を継承し、現在に至っております。
この間2代にわたり唐津藩の藩医、および医学校、橘葉館の守護職を拝命しております。
その歴史故、地域との密着は強く、日常診療において、患者さんから「三代にわたって診て頂いております」などと言われることもあります。
このような背景で責任の重さを十分に感得しながら医療活動を行っております。
古来より仁を基本として医療資源の貧しかった日本の医療も、近年医療の環境や質は著しく改善している感がありますが、医は仁術なりとした日本古来の医療の精神を決して忘れてはならないと思います。
当医療法人は良質な医療を行うことによって患者さんに満足して頂けるように日ごろから努力しております。
本法人は整形外科、内科、循環器内科、麻酔科、リハビリテーション科を備えた城内病院、整形外科を主体に診療する保利クリニック、介護老人保健施設、城内荘よりなり各機関の間で連携し、医療、介護活動を行っております。
城内病院は日本整形外科学会認定研修施設、日本手外科学会認定研修施設であり研修医を受け入れております。
各施設の職員は地元出身の者が多く、純朴で真面目な方がほとんどですので、活躍の場を整備することにより、各個の特性、知識、技術が向上し、日常医療、介護活動に資するものと考えこの方針を続けたいと思います。
これからも最良の医療を提供し患者さんに満足して頂けますよう職員一同たゆまず努力してゆく所存であります。 今後とも医療法人賛健会城内病院をよろしくお願い申し上げます。

賛健会 理事長 保利喜英