肩腱板断裂は、肩関節を安定させる筋肉の集まりである「腱板」が断裂した状態です。
40歳以上の男性によく見られる症状で、男女比は男62%、女38%。発症年齢のピークは60歳代。
男性の右肩に多いことから、肩の使いすぎが原因と推測されます。

肩関節の仕組み

はじめに、肩関節はどのような仕組みなのか解説しましょう。
肩関節は、肩甲骨関節窩と上腕骨骨頭で構成されています。球型の大きな上腕骨骨頭と小さな皿状の肩甲骨のくぼみが接して、関節を形成しています。

関節の安定性を確保する1つが腱板です。腱板は4つの筋で構成され、関節運動を行うだけではなく、上腕骨骨頭を関節窩に引きつけ関節を安定させる働きがあります。
同時に、腱板の働きによって肩関節はスムーズに運動します。

肩の骨の仕組み

肩腱板断裂と五十肩(肩関節周囲炎)の違い

五十肩(肩関節周囲炎)との違いは拘縮が少ないこと。関節の動きが硬くなることが少ないことです。
五十肩(肩関節周囲炎)のほうが関節の動きが硬くなり、肩関節の可動域がより制限され、肩を挙げることが困難になります。

4つの筋で構成されている肩腱板の筋肉が1本でも切れると筋力は弱くなります。しかし、残りの3本の筋肉が代償することで肩の挙上が可能になることが、肩腱板断裂の特徴です。
肩を挙げるときに力が入らないこと、挙げるときに肩の前上面でジョリジョリという軋轢音がすることもあります。

肩腱板断裂と五十肩(肩関節周囲炎)の共通点として、肩に痛みを覚えます。そのため、患者様は五十肩(肩関節周囲炎)と勘違いし放置することが多く、病院での受診が遅れる傾向にあります。

肩腱板断裂の症状

肩腱板が断裂すると肩の力が弱くなり、洗濯物を干す動作や洋服の脱ぎ着が困難になります。
痛みのために眠れない夜間痛は、患者様が病院を受診される一番の理由です。

肩腱板断裂の症状

  • 肩の運動障害:肩を動かしづらい、力が入りにくい。腕の挙げ下げ時に引っかかり感やジョリジョリという軋轢音がする。
  • 運動時の痛み:肩を動かすとズキズキ痛む。腕の挙げ下げ時に肩が痛む。
  • 夜間痛:寝ているとき、腕の重みで肩関節に負担がかかると痛む。

肩腱板断裂のメカニズムと原因

肩腱板断裂の要因には、腱板が骨と骨(肩甲骨肩峰と上腕骨骨頭)に挟まれているという解剖学的関係と腱板の老化があります。
解剖学的関係だけでも切れますし、老化だけでも切れます。さらに、この二つの要因が揃うとより切れやすい状態になります。

非外傷性の腱板断裂をともなう肩関節周囲炎

断裂の原因は明らかな外傷によるものが半数です。

  • スポーツ中の怪我。
  • 交通事故などで打撲。
  • 転倒時に肩を強く打つ、手をついて肩に強い力が加わる。

残りの半数ははっきりとした原因がなく、日常生活動作の中で断裂します。

  • 肩を酷使する仕事や生活習慣。
  • 肩をよく使うスポーツ。重いものを持ち上げるスポーツ。
  • 洗濯物干し、布団の上げ下ろしなどの日常の家事。
  • インピンジメント現象: 年齢とともに肩峰の骨棘(こっきょく:尖った突起物)が大きくなり、腕を上げたときに骨棘と腱板が衝突すること。インピンジメント現象を繰り返していると腱板断裂の危険がある。

痛みを軽視して放置すると手術が必要になることもあります

自分で「五十肩(肩関節周囲炎)だから、たいしたことないな」と判断してはいけません。すでに、腱板は断裂しているかもしれません。
さらに、放置を続けて仕事、スポーツ、日常生活を続けることで断裂範囲が拡大し、手術しか治療法がなくなることもあります。
断裂の程度が軽ければ、手術せずにリハビリや薬物療法などの保存的療法で治療することも可能です。

まず、肩に痛みを覚えて生活に支障が出るようならば、病院で検査して肩腱板断裂なのか、五十肩(肩関節周囲炎)なのか、それ以外の疾患なのか、正確な診断を受けましょう。
そして、医師の指導のもと、患者様の症状に応じた適切な治療を受ければ、肩の痛みのない元の生活に戻ることも期待できます。

(関連リンク)
肩腱板断裂 城内病院での検査・治療
肩のインピンジメント症候群は肩腱板断裂の前段階の病気